12/29/2018

シュプリームとナイキコラボの得意作をローンチ

シュプリーム スニーカー コピーのコラボの中で人気商品を挙げる場合。誰もが真っ先に思い浮かぶのが、6インチ・モック・トゥであろう。この秋の新作として登場したシュプリームとナイキコラボシリーズは、このシュプリーム コピーシューズのアッパーの前面にハンティング用のカモフラージュレザーを起用した意欲作である。

シュプリームとナイキコラボの得意作をローンチ

言わずもがなシュプリームとナイキの所縁は深い。同社の本部があるアメリカの中西部では、多くの男性がハンティングを嗜んでいたり、子会社のエス・ビー・フット社でもハンティング製品専用のカモフラージュレザーを一部手掛けている。シュプリーム コピーSB101のベースであるアイリッシュセッターも、そもそもはハンティング用のブーツとして誕生したものだ。

今回のシュプリーム スニーカー コピー通販新作で採用したモッシーオーク社の「ブレイクアップ」というカモフラージュ柄は、林の中でハンティングでの効果が高いと言われている。実は2004年にも、この柄を使った6インチ・モック・トゥがヨーロッパを中心に販売されていたのだが、今とは若干柄が異なっていたそうだ。ワークブーツではまず使われることがないカモフラージュレザーを用いた大胆な試みは、予想以上にファッションとよく馴染む。また個体ごとにひとつひとつ柄が異なることも、この靴の大きな魅力だと言えよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です